読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子が食べたい

メガネが最も必要な時、メガネは必ず手元にないのである

だからお前のマルチ勧誘はダメなんだ

マルチ勧誘にあったよ(うれしい)

先月くらいに、大学時代の知り合い(そんな親しくない)(腋が時々臭い)からラインが来た

飯でも食わないかと

そんな親しくないけど積極的に断るほどマイナスな感情もなかったので、二つ返事で行くと言って待ち合わせた新宿駅

ここから彼のマルチ勧誘がダメなポイントを挙げていく

①目を輝かすな

久々に会った同級生はやたら目を輝かせていた

大学時代は、どちらかというと俺と同じタイプのどんよりした目をしていたのが目を見開いてキラキラしていた

悪いことではないが、正直不気味だ

正直俺はこの時点で警戒モードに入った

②金持ち父さん貧乏父さんを渡すな

別に本自体は極端に悪い本ではない

ただし、この本には非常に良くない点がある

googleで「金持ち父さん貧乏父さん マルチ商法」とでもググるとポンポン実例が出てくるのだ

この時代にそんなバレバレの手法を行うのはよろしくない

③行動を時間で区切っていることを見せるな

常に時計を気にして、キリの良い時間になると唐突に話が終わり

で、次約束があるからと告げる

その作業のごとく勧誘が透けて見えるので良くない

 

・・・

と、ここまでが一度目に会った時の良くないところ

その時「経営者に会ってみないか?面白いぞ」と言われ、俺はホイホイついていった

何故なら、マルチ商法のやりかたでも見られれば話のタネになって面白いかと思ったからだ

その期待も裏切られることになるが

ここからが経営者のおばさん(仮名カオリさん)と会った時の話

 

④それを教えることでお前に何のメリットがあるんだ

カオリさんは1000万だか経営で儲けてるとか

で、その儲け方は師匠なる人物から教わったという

問題は、経営で儲けているならその手法は人に広めて真似されたらライバルになるわけで、それを広めるメリットが全く見えてこない

そんな筋の通らない話で今時小学生も騙されない

⑤お前も時間を気にし過ぎだ

カオリさんと話が出来る時間はきっかり30分だという

つまり、前後に同じようにカオリさんと話をしている人がいるわけで、そんだけ必死になって人を勧誘(勧誘まではいかなかったけど)して何がしたいんだ

そりゃあ、仲間が増えるほどおいしいマルチ商法に違いない!とバレバレである

⑥コーヒーを奢れ

エクセルシオールだかドトールで話を聞いたわけだけど

1000万儲けてる人間だとこっちは聞いてるんだから、1000万儲けてる人間らしくコーヒーの一杯や二杯奢れよ

途中で、持ってる傘が高級品だと自慢されたが、そうじゃなくって、金持ちらしさを見せるなら奢れ

⑦もっと話の展開を早くしろ

ここまで、マルチ商法に引っかかった体で文章書いてきたけど

実際、モノを買わないかとは一切言われていない

カオリさんに会った時も次またいつか日程決めて話をしようぐらいの形でジワジワした進め方だった

これが良くない

話のネタになるまで何時間こっちは費やせばいいんだよ!

大体、こちとらビジネスパーソンなんだからさ、学生より時間ないんだよ

もっとシャキシャキっと初回から「はい、これアムウェイ」くらいのエンタメ性を見せてほしい

 

・・・というわけでマルチ商法の勧誘にあった話を書いたけど

いまいち、面白くもなかったので、金持ち父さん貧乏父さんを渡されたら全力でそいつとは縁を切るくらいの勢いでいいと思います