読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子が食べたい

メガネが最も必要な時、メガネは必ず手元にないのである

BIG DATA BASEBALL読んだよ、面白かった

 BIG DATA BASEBALLとは

北米プロスポーツ史上最長の20年連続負け越しチームピッツバーグパイレーツが2013年、如何にして勝ち越し、プレーオフに進んだのかの手法を物語っぽく描いた本

パイレーツも「マネーボール」のアスレチックス同様お金がない球団で、それが勝つ方法

=金銭的に過小評価されている、勝利に寄与する付加価値を掘り起こす

ことを描いているので、考えようによっては次世代型マネーボールでもある。

じゃあ、パイレーツがなにしたの

出てくる方法は大きいところでフレーミングと守備シフト

あとは投手の能力への評価見直し

フレーミングとは、きわどいコースの球をストライクに取らせる捕球の上手さ

ラッセルマーティンってキャッチャーをパイレーツは獲得したけれど、その理由はフレーミングが大きかった(全然関係ないけど城島がフレーミング下手でディスられてて笑った)

守備シフトは日本でも最近柳田シフトとかやってるけど、あれをもっと統計学的にあらゆる打者相手にやったもの

それで、ゴロ系の打球をよりアウトにしますっていう戦略。

投手の能力の評価見直しはピッチャーの責任はホームランと四球のみにあるって考え方から防御率でなく、ホームランと四球から能力を導き出すFIPを利用して、防御率悪くてももっとやれる選手を発見して安く獲得する戦略。

感想

放映権から莫大な収入が得られるメジャーリーグは設備投資もけた違いに出来て、ビッグデータが生まれる。

一球一球の軌道や回転、打球の速度や方向を逐一記録するカメラやソフトの導入は日本だとそこまでお金がないので、その意味だとメジャーリーグおよび傘下マイナーリーグとそれ以外の野球リーグではやる野球の質が大きくかい離する時代が来るのかと思う。

この本だと旧来の野球人と新しい野球を持ち込むデータ解析部門の人が上手く融和したからパイレーツは勝てたって話が出ていて、それが強みだけれど、それもだんだんデータを基にした野球が確立されていったらどこも出来るようになって・・・ってことになりそう

マネーボール出塁率BDBフレーミングも結局安く勝利に繋がる方法っていう共通点があるけれど、日本の野球コミュニティだと出塁率は曲解されて「出塁率が高い選手こそが最強!四球を選べない打者はゴミだ!」みたいな論調があるので、「フレーミングこそが捕手に求められる最大のスキル!フレーミングがあれば他はいらない!!」みたいな受け取られ方したらいやだなあって思う。

余談

結構日本球界経験選手たくさん出てきて笑った

テキサスのエースとして立ちはだかるダルビッシュを始め、シーズン勝ち越しに挑むパイレーツと戦うカブスの選手としてシアーホルツとボグセビック出てきたし、オンドルセクも出てきた