読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子が食べたい

メガネが最も必要な時、メガネは必ず手元にないのである

内竜也と浅尾拓也という二人の投手について

プロ野球

2010年の日本シリーズは間違いなく、内VS浅尾のシリーズだった

もう六年も前のことになるがロッテと中日で日本シリーズを争った。

金森打法で打ち勝ってきた打のチームロッテと吉見チェンの左右の柱が強みの中日の対決だった。

あの日本シリーズで両チームの切り札だったのは内竜也浅尾拓也

70試合投げて堂々たるセットアッパーだった浅尾と、シーズンわずか15試合とけがに苦しみながらクライマックスシリーズで彗星のごとく登場した内

投球スタイルも似ていて、速球と落ちる球で三振を奪いに行く投球

回跨ぎも当たり前で、3イニングとか4イニングとか両投手投げていた。

その後の二人は

両投手、日本シリーズでの投球から大いに飛躍が期待された

けれど、明暗分かれた翌シーズンとなった

翌年、79試合に投げた浅尾、一方内は故障でわずか21試合

それ以降は両者怪我に苦しみ続けてきた

年々浅尾の球速は落ち込み、内は毎年のように足首の手術を受け続けてきた

2012年以降、内は最大27試合浅尾は最大36試合とリリーフ投手としては物足りないシーズンを過ごしてきた

内竜也の復活、浅尾拓也の低迷

内は不思議な投手で、毎年のように手術を受けてブランクの長いリハビリ生活を過ごしてくるのに一軍に復帰するときにはけがの影響を感じさせないキレッキレの縦スライダーと剛速球を引っ提げて帰ってくる

恐らく、足首の故障で稼働出来ない期間が長いために肩が使いべりしていないのが大きいのだろう

今年も、剛速球を武器に8回のマウンドに君臨している

浅尾はなまじ79試合に投げられる耐久性があったためか、球威が落ち込み、今年は人試合も投げていない

ただただあの時の日本シリーズを思い出すと、両者怪我に悩まされながらも皮肉にも対照的な選手生命を送っているものだと考えてしまう。

浅尾はリーグ連覇に貢献した

ただし、浅尾は79試合に投げた2011年、リリーフながらリーグMVPに選ばれ、中日の二連覇に大きく貢献した

内は故障し、ロッテは統一球に悩まされリーグ最下位と低迷していた

果たして、野球選手として幸福なのはどちらの投手なのかっていうことをつい考えてしまう。