餃子が食べたい

メガネが最も必要な時、メガネは必ず手元にないのである

システムエンジニアになってから無駄に映画のそういう描写が気になるようになった

※ガンガンネタバレはいるので要注意

キングスマンを見た

キングスマンは傑作だった

多分007とか一切見ていないからそこら辺へのオマージュが分からないけれど、全体として王道で筋が通っていて面白かった

キングスマンのラスボスがIT企業の社長で、そいつの作ったアプリが人間の闘争本能をむき出しにして殺し合わせるってやつだったけど

「そのアプリ、おしゃれなGUIである必要あるん?」と思ってしまう

おしゃれなGUIアプリっていうのはエンドユーザーの支持を得るためのものでユーザーが一人しかいないそのアプリにそれ必要か?って

GUIアプリを作るのは面倒くさいので作中にいちいち出てくるGUIアプリについそう思ってしまう

傘の裏に画面が出て、色々な機能を使えるやつも一体キングスマンのどこにそういうシステム開発部門とハードウェア開発部門があるのだろうとか思ってしまった(無粋)

きっと、英国のスパイ映画の古くからの伝統に従ったアイテムでかっこいいんだけどね

ピエロがお前を嘲笑うも見た

俺の中で、今世紀一番ヒロインがかわいくない映画こと、ピエロがお前を嘲笑う

テーマがハッキングだから、SE一年目のひよっこが見た分にはそれほど違和感はなかった

多分、ベテランSEの方々ならもっと突っ込めるんだろうけど…

コードとか見てうんぬんは言えないのが悲しいなあ

序盤に機械語使えるかって下りあるけれど、そんなに話の中で機械語は出てこなかった気がする、機械語ってアセンブリ言語としたらだけど

ただ、ユーロポートのセキュリティはがばがば過ぎだと思うの、あんな重要施設ならUSB接続遮断くらいはやってしかるべきだし

あんな胡散臭い機械を机の裏に着けられたら絶対気付くって

チャッピーもみた

ヨハネスブルクを舞台とした、ギャングに強奪された、人工知能を持つロボットチャッピーを巡る物語

まず、マシンスペック的に感情を持ったプログラムをインストールできるほど警察ロボットって容量に余裕あるのかよって

あとは、チャッピーにプログラミングしたディオンが総じてどうなるか分からねえわってスタンスを取りがちなのが気になったところ

お前、自分でコード書いたんだからもうちょっとどうなるかわかるだろって

結局意識を取り出せたから、それはそれでいいんだけど、チャッピーの中にデータがある時点で意識も含めてデータになってるわけで、脳波で意識をデータ化する下りは良く分からなかったなあ

あと、ライバルロボットの色々無駄なシステムに突っ込みたかった

ロボット警察って人間を減らせるのが良いところなのに、一台に一人張り付かなきゃいけない警察って…

別に俺はこれらの映画が嫌いなわけではない

全部好き、特にキングスマン好き

チャッピーも一番突っ込みどころ多いけど、感情の葛藤が伝わってきて好き

手塚治虫を読んで育ったからああいうテーマ好き

ただ、もう俺はそういうところに突っ込みどころを見出しながらでないと映画が見れないんだなあって思うと悲しいだけ