餃子が食べたい

メガネが最も必要な時、メガネは必ず手元にないのである

中学生の頃から高校生まで書き続けていた自作のエロ絵を供養する

エロ同人の本質的な欠点、その克服

人間が性に目覚めるのはおおむね小学校高学年だという

多分に漏れず、その時期に目覚め、エロ同人を漁り始めた

エロ同人には克服しがたい致命的な欠点がある

自分が書いていないので、100%自分の性的嗜好に合致しないのだ

だから、中学生の俺は思った「自分で、自分の好きな絵を書けば良い」と

それ以来、夜な夜な俺による俺のためだけのエロ絵を描き続けてきた

それを、実家からこっそり回収してきた

過去の過ちなので、一人暮らしになった今こそ安心して供養してしまおうと思う

長年の蓄積

f:id:osushix:20160211145113j:plain

結構な分量である

総勢66枚あった、実は一度焚書(親にばれるのが怖くて、ごみ箱に捨てた)したことがあり、最初期の絵は残っていないが、普段絶対に絵を書かない割にはかなりあると思う

数えていて思い出したが、これを書いていたころの私は寝る前にコピー用紙をこそっと抜き出して寝室に向かっていたが、今から思うと親は怪しい動きに気付いていたのだろうな

俺の描いたエロ絵の特徴を振り返る

・顔には気合が入っている

f:id:osushix:20160211150900j:plain

身体を書いている途中で力尽きたこの絵は典型例だが、

顔は紙の繊維がダメになるまで消しゴムかけたりしているのに身体は一気に勢いで書いておしまいみたいな絵が散見される

・なんなら顔だけ

f:id:osushix:20160211152443j:plain

顔を書いた時点で力尽きている、生首の絵とか生首未満の絵が多い

記憶にないが、生首フェチだったのかもしれない

・ハイライトが無い

眼の中に光がない絵が大半を占める、これは書けないし、小学生の頃から洗脳された女の子にエロを感じていた自分の性向的に書かなくてもよかったからだろう

・局所的な嗜好が見える

f:id:osushix:20160211153346j:plain

唐突に背中に羽が生えて悪そうな顔をしている女の子ばかりが出てきたり、時期によって性的嗜好が見え隠れする

f:id:osushix:20160211153349j:plain

お腹に刻まれた紋章の練習もしてたよ

・やや左を向いた立ち絵ばっかり

書きやすい立ち絵ばかり書いている

普通の絵を描く人なら回っているはずのPDCAサイクル

P(どんな絵を描きたいか考える)D(描いてみる)C(まずかったところを振り返る、次はこう描きたいと考える)A(次の絵を描く)

なら

P(どんな絵を描きたいか考える)D(描いてみる)N(抜く)のPDN直線で終了しているからだろう

そもそも抜ければいいから難しい絵に挑む努力もいらないし

一応、努力の跡がある絵が一枚だけ出てきたが…化け物みたい

f:id:osushix:20160211154346j:plain

供養しなくてはならない

こう振り返っていてさすが俺、俺の好みがわかってるな!って絵も結構出てきた

けれど、過去に囚われていてはいけない

供養する

最初は燃やそうかと思ったが、検索していると

f:id:osushix:20160211160134p:plain

実物を見たことがないせいか、もろに性器が出ている絵はなかったからセーフじゃないかとも思うけど、社会人になった息子が自作のエロ絵を燃やして軽犯罪法で捕まったとかなったら両親に顔向けが出来ないので

 

どう供養すればいいのか

ある意味では、66枚で66回抜けば供養でよさそうだけど、死にそうだし

 

もう二度と蘇らないように、びりびりに破いて溶かしてしまおうと思う

f:id:osushix:20160211164949j:plain意外だったのは、破く作業に淋しさを感じた事

記事を描くまでは、昔の自分の絵が恥ずかしくて赤面するかと思っていたけれど、そうでもなかった

それが、破いて溶かすときには淋しさを覚えた

いつから俺は自分の嗜好への貪欲さをなくし、すでにあるもので満足するようになったんだろう

 

ああ、俺、自分の描いたエロ絵、今でも好きだったんだな

f:id:osushix:20160211165930j:plain