読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子が食べたい

メガネが最も必要な時、メガネは必ず手元にないのである

大谷翔平が日本野球界にもたらす影響、吉持・生田目の二刀流

ぼやーっと考えたことで、プロ野球選手が二刀流で活躍することが日本にもたらす影響っていうのは結構大きいのかなーって

 

大谷の二刀流

大谷は確か2012だかそこらへんに入団して、以後3年間二刀流を続けている

高校での大谷評は投手でも野手でもドラフト1位級の能力の持ち主というもので、実際現状の成績から間違えていないとは思う

思いのほか、投手としての完成度が急激に高まる一方で野手としては低めの球に我慢が出来ないのは正直どうかなーとは思うものの、年齢に対しての完成度では野手としても十分

(どっちか一つとれと言われれば、投手大谷派。160キロ速球に落ちる球を扱えるのは才能だし、それに対して中距離砲スタイルな野手大谷は希少性が低いかなーって)

 

吉持・生田目の二刀流

吉持は、今年のドラフトで楽天に二位指名された遊撃手

俊足強肩が武器のアスリート型内野手、とくに強肩がすごい

先日、天理大学との試合で吉持がリリーフした。ドラフト前にもリリーフしたけれど、この日のリリーフはランナーを背負った場面で正真正銘の投手・吉持への期待がかけられていた

実際、リリーフ吉持は無失点に凌いで、エースの岡田(広島1位)に繋いだ(岡田は満塁弾を打たれた)

 

で、生田目は流通経済大学の来年のドラフト候補投手、今日の白鴎大学戦ではDHで出場した

打撃成績はヒット、死球、四球、四球でチームの勝利に貢献

打者としても通用するところを見せた

 

二刀流が流行るのか?

高校野球は野手と投手両方やるなんてざらで、コロコロポジションが変わってエースが外野に回って試合終盤に帰ってきたりなんかもする

大学野球ではちょっとその傾向が薄れて、野手は野手、投手は投手になってくる

まあ、六大学でも大石(西武)がショートやったり、岡(日ハム)が投手と野手両方やったり、才能がある人間は両方やってたけど

で、大谷がプロ野球でも二刀流やったことで、変に上のレベルの野球では投手と野手が分離しなくてはいけないっていう従来の常識がなくなって、両方やることが多くなるのかなーって

全然根拠もないし、大石も岡も大谷より前から野手やってたけど

 

最高の選手は、打って守って走れて投げれる選手

メジャーのゴロー君がそんなこと言ってたような、日本の野球では投手っていうのは最大の才能が集まるから、結構打撃も才能レベルではすごい選手が多いわけで

ファンとして見ているとそういうなんでもできる選手ってかっこいいなーって単純に思うから、結構二刀流流行らないかなーって